フロントラインの仕組み|優秀な犬の薬ならフロントラインがオススメ!通販で手軽に購入しよう
  • フロントラインの仕組み

    犬にも猫にも使うことができるフロントラインですが、どのようにしてノミやマダニに作用するのか気になっている人もいるのではないでしょうか。フロントラインはどのようにして作用するのかご説明します。

  • 薬代を安くしたいのなら

  • 通販購入で安くなる

    フロントラインもフロントラインのジェネリックも、通販で購入すれば安く手に入れることができます。フロントライン以外の犬の薬や、飼い主が使う人間の薬も一緒に購入することができて、とても便利なのでオススメです。

  • コンテンツ一覧

    「優秀な犬の薬ならフロントラインがオススメ!通販で手軽に購入しよう」のコンテンツ一覧です。

フロントラインの仕組み

白と青の錠剤

フロントラインは犬にも猫にも使用することができ、ペットが自分ではなめとることができない首筋の辺りに薬液を垂らすことで投与が完了します。
とても簡単に使うことができるスポットタイプのノミダニ駆除薬であるフロントラインですが、首筋に垂らすだけで本当に効果を発揮してくれるのか気になっている人もいるのではないでしょうか。
フロントラインがどのようにノミやマダニに作用しているのか、フロントラインの作用についてご紹介します。

フロントラインに使われている成分のフィプロニルは、フロントラインをペットの身体に投与すると皮脂層に行き渡ります。
皮脂層に行き渡ったフィプロニルは皮脂腺に皮脂と一緒に蓄えられ、皮膚表面や被毛にまで行き渡り、ノミやマダニがフィプロニルに触れた瞬間に駆除効果を発揮してくれます。
これは投与してから24時間以内に行き渡り、ノミの成虫であれば約24時間以内に、マダニは約46時間以内に駆除できます。
ノミの場合なら産卵を始める前に効果が現れ、マダニであれば感染症が媒介される危険性が高まる前に効果が発揮されるので、ノミの繁殖やマダニによる感染症に感染する危険性を低くすることができます。
いってしまえば、フロントラインは皮脂層に入り込むことによってペットの身体全体にノミやマダニから守るバリアを作ってくれるというわけです。

フロントラインには様々な種類があり、ノミやマダニだけではなくシラミやハジラミからもペットを守ってくれるフロントラインプラスという種類もあります。
ノミやマダニ以外からもペットを守りたいという場合は、フロントラインプラスを使うというのもいいかもしれませんね。